「17、18年の世代」はいたのか?

邦楽のトレンドは10年周期だと言われて久しいですが、実際ここ30年ぐらいの邦楽は1987年にピチカート・ファイブが1stアルバム『couples』でデビューしてからの10年が渋谷系、1997~8年に宇多田ヒカル椎名林檎くるりスーパーカーナンバーガール中村一義七尾旅人らが相次いでデビューした俗に言う「97年の世代」、2007~8年にトクマルシューゴ『Exit』、Perfume『GAME』、相対性理論『シフォン主義』辺りの作品がリリースされてネオ渋谷系の潮流が起こるなど、本当に10年周期でトレンドが移り変わっていった感じがあります。(勿論そういったトレンドから漏れている、外れたところで活躍したバンドもいます)

 

その考えをスライドさせていけば当然次の邦楽のトレンドが起こるのは2017~8年、そうつまりこの記事が書かれている時点での去年か今年あたりになるんじゃないかな~と睨んでいた訳なんですが、かつてのミュージックマガジンSnoozerの様な音楽雑誌に権威があった時代と違い、そういったシーンをまとめる媒体も無さそうなので、とりあえず主観で勝手にでっち上げる次第です。

これが「17、18年の世代」だ!

 

ギリシャラブ

今回取り上げるアーティストの中では恐らく最年長、京都の新星ギリシャラブ。

Neutral Milk Hotel~Beirut辺りのUSインディのトラッド性を感じさせる一方で、初期フジファブリックの様な人懐っこいポップネスと変態性を併せ持ったバンド。

【MV】 夜の太陽 / ギリシャラブ - YouTube

 

■ナツノムジナ

沖縄出身、高校時代からbloodthirsty butchersとの対バンなどで注目を集めていた4人組。(現在は大学進学で4人とも上京)

eastern youthNumber GirlASIAN KUNG-FU GENERATIONから受け取ったバトンを着実に受け継ぐような、今ここのオルタナティブロック。

ナツノムジナ - 暈 / natsunomujina - Kasa(Official Video) - YouTube

 

■羊文学

既にあちこちで名前を見かけている人も多いであろう、下北沢を中心に活動するスリーピースロックバンド。

絞りだされるような気だるいボーカル、シューゲイズするギター、うねるベースライン。

所属レーベルは旧トラットリアのfelicity。

羊文学 "ドラマ"(Official Music Video) - YouTube

 

■ニトロデ

高校在学中に発表した昨年のEPで話題を呼んだ4人組。

直球でNumber Girlスーパーカーをやり過ぎて最早すがすがしいくらいで、00年代に大勢いたその手の有象無象と違うところはUSハードコア、DCパンクの素養もキチンと備えているところか。

PVでBig BlackのTシャツ着てるバンドが悪いわけない(?)

ニトロデイ "ジェット" (Official Music Video) - YouTube

 

■ステレオガール

平均年齢19歳、東京出身の5人組。2018年の未確認フェスで準グランプリを取って話題らしい(今知った)。

曲はジュディマリとかふくろうず辺りを想起させる様な感じなんだけど、アンサンブルのこなれ方が尋常じゃない。

ステレオガール - GIMME A RADIO - YouTube

 

■春ねむり

既に海外フォーラムでは「大森靖子以来の逸材の登場」と話題沸騰中の女性SSW。

「もし17年の世代が来るとしたら、先の97年の世代の中村一義Dragon Ashブルーハーツを参照したように、神聖かまってちゃんを参照するはずだ」と前々から予言したんですが、結局出てきたのはこの人だけでしたね...

春ねむり「春と修羅」Music Video - YouTube

 

■崎山蒼士

【ゲス極川谷・くるり岸田が絶賛!】中学3年生で「オリジナル300曲」の怪物”崎山蒼志”が登場!さらに“中1で作った楽曲”にスタジオ騒然…!|〜第3回高校生フォークソングGP〜|日村がゆく!#51 - YouTube

 

■長谷川白紙

ネットレーベル・Maltine Recordsからデビューした現役音大生の俊英。

 

 

長谷川白紙 - 草木 - YouTube

 

 

以上です。

アンジェイ・ズラウスキー『コスモス』

・もう2ヶ月くらい前になるんですが、アンジェイ・ズラウスキー『コスモス』(2015)を新文芸坐で観ました。

ズラウスキーはこの15年ぶりの新作を発表したのち75歳で亡くなってしまったんですが、訃報が流れてからも中々日本では劇場公開されず、東京国際映画祭で1度だけ上映されるに留まっていたので今回の上映は貴重でした。

 

ただ内容としては、正直「遺作」というエクスキューズが付いてなければこうやって上映される機会も無かったのでは?と思うくらい、振り切れたアバンギャルドでしたね。

後期のブニュエルやアランレネを彷彿とさせるようなナンセンス会話劇で、デジタル撮影の質感は同じポーランドのスコリモフスキ『イレブン・ミニッツ』辺りに近い印象を受けました。

大学生の主人公が泊まる下宿先で、ホストの家族が巻き起こすエキセントリックな行動の数々(感情が昂ると静止してしまう母、樹に吊るされた動物の死骸、事故で唇がめくれ上がったメイド、etc...)にひたすら翻弄されるわけです。

 ゴンブローヴィッチの原作は未読ですが、まともに再現した結果としてこの内容なんでしょうか。

やがて下宿先の人妻に魅了されていく主人公ですが、寝室で夫と抱き合う姿を覗き見て「奴は僕を裏切った!」と憤慨。彼女が飼っている黒猫の首をへし折って中庭の樹に吊るし、翌朝それを発見して泣きわめく彼女を眺めてほくそ笑みます。

(改めて書き出してみると本当にキチガイしかいないなこの映画...)

 

彼女と結ばれた未来 / 結ばれなかった未来 を反復させるラストも含め、どこまでも人を食ったような映画でしたが、観てから2ヶ月ほど経った今振り返ると悪くない映画だったように思えます。

 

描かれる男女の心の機微、駆け引きは行動のエキセントリックさと反比例するかのように繊細で魅力的でしたし、キッチンの床にこぼれたグリンピースを集めるシークエンスや海辺でパラソルを広げるショットの構図としての美しさは目を見張るものがありました。

 

そしてなにより、あまりにも全編が躍動的で若々しい!

まるでカメラを初めて手に取った大学生の様な若々しさが全編に漲っていて、創作などされている方は何かしら勇気付けられるものがあると思いました。

www.youtube.com

 

映画オールタイムベスト50

誇れるほどの本数を観てないけど現時点で一度出してみようかなと。

なんか自分で作ってて悪酔いしてきた。

 

50.『TOKYO EYES』(1998)ジャン=ピエール・リモザン

f:id:Guru_Asa:20180131084713j:plain

49.『ミュンヘン』(Munich, 2005)スティーヴン・スピルバーグ

f:id:Guru_Asa:20180120014316j:plain

48.『眠る男』(Un homme qui dort, 1974)ベルナール・クィザンヌ

f:id:Guru_Asa:20180124181114j:plain

 47.『ポゼッション』(Possession, 1981)アンジェイ・ズラウスキー

f:id:Guru_Asa:20180122200350j:plain

 46.『ときめきに死す』(1984森田芳光

f:id:Guru_Asa:20180120013944j:plain

 45.『アフターアワーズ』(After Hours, 1985)マーティン・スコセッシ

f:id:Guru_Asa:20180120013415j:plain

44.『3-4X10月』(1990)北野武 

f:id:Guru_Asa:20180131084537j:plain

43『ホーリーモーターズ』 (Holy Motors, 2012)レオス・カラックス

f:id:Guru_Asa:20180131085430j:plain

 42.『ラブホテル』(1985)相米慎二

f:id:Guru_Asa:20180120003826p:plain

 41.『沈黙』(Tystnaden, 1963)イングマール・ベルイマン

f:id:Guru_Asa:20180120014630j:plain

 

※※

 

40.『SAFE』(Safe, 1995)トッド・ヘインズ

f:id:cinemaguide:20151028230148j:plain

39.『ミュリエル』(Muriel, 1963)アラン・レネ

f:id:Guru_Asa:20180330162836j:plain

38.『美しき仕事』(Beau Travail, 1999)クレール・ドニ

f:id:cinemaguide:20151031125023j:plain

37.『ジャンゴ 繋がれざる者』(Django Unchained, 2012)クエンティン・タランティーノ

f:id:Guru_Asa:20180120015603j:plain

36.『審判』(The Trial, 1962)オーソン・ウェルズ

f:id:Guru_Asa:20180120015402j:plain

35.『人魚伝説』(1984)池田 敏春

f:id:Guru_Asa:20180124180106j:plain

34.『デ・ジャ・ヴュ』(Jenatsch, 1987)ダニエル・シュミット

f:id:Guru_Asa:20180120004415p:plain

33.『死の棘』(1990)小栗康平

f:id:Guru_Asa:20180120005231j:plain 32.『ウディ・アレンの重罪と軽罪』(Crimes and Misdemeanors, 1989)ウディ・アレン

f:id:Guru_Asa:20180120011550j:plain

 31.『ザ・マスター』(The Master, 2012)ポール・トーマス・アンダーソン

f:id:cinemaguide:20151025111249j:plain

 

※※

 

30.『愛情萬歳』(1994)ツァイ・ミンリャン

f:id:Guru_Asa:20180120010001p:plain

29.『愛の果てへの旅』(Le conseguenze dell'amore, 2004)パオロ・ソレンティーノ

f:id:Guru_Asa:20180120005745j:plain

28.『桜桃の味』(Taste of Cherry, 1997)アッバス・キアロスタミ

f:id:cinemaguide:20151028230127j:plain

27.『セレブレーション』(Festen, 1998) トマス・ヴィンターベア

f:id:Guru_Asa:20180120010915j:plain

26.『あんなに愛しあったのに』(C'eravamo tanto amati, 1974)エットーレ・スコラ

f:id:Guru_Asa:20180330161820j:plain

25.『神々の深き欲望』(1968)今村昌平

f:id:Guru_Asa:20180124173402j:plain

24.『オープニング・ナイト』(Opening Night, 1977)ジョン・カサヴェテス

f:id:Guru_Asa:20180330161140p:plain

23.『婚約者たち』(I fidanzati, 1963)エルマンノ・オルミ

f:id:Guru_Asa:20180209175734j:plain

 22.『早すぎる、遅すぎる』 (Trop tôt, trop tard, 1982)ジャン=マリー・ストローブダニエル・ユイレ

f:id:Guru_Asa:20180124172350j:plain

21.『晩春』(1949)小津安二郎

f:id:Guru_Asa:20180128161847j:plain

 

※※

 

20.『コロッサル・ユース』(Colossal Youth, 2006)ペドロ・コスタ

f:id:Guru_Asa:20180122122721p:plain

19.『穴』(Le Trou, 1960)ジャック・ベッケル

f:id:Guru_Asa:20180120002616j:plain

18.『ストーカー』(Stalker, 1979)アンドレイ・タルコフスキー

f:id:Guru_Asa:20180203165215j:plain

17.『EUREKA』(2001)青山真治

f:id:Guru_Asa:20180120001620j:plain

16.『グッドフェローズ』(Goodfellas, 1990)マーティン・スコセッシ

f:id:Guru_Asa:20180122123126j:plain

15.『ラルジャン』(L'Argent, 1983)ロベール・ブレッソン

f:id:Guru_Asa:20180120001416j:plain

14.『去年マリエンバートで』(L'Année dernière à Marienbad, 1961)アラン・レネ

f:id:Guru_Asa:20180120000913j:plain

13.『皆殺しの天使』(El ángel exterminador, 1962)ルイス・ブニュエル

f:id:Guru_Asa:20180120000600j:plain

12.『シャイニング』(The Shining, 1980)スタンリー・キューブリック

f:id:Guru_Asa:20180122124501p:plain

11.『時をかける少女』(2006)細田守

f:id:Guru_Asa:20180119235500j:plain

 

※※

 

10.『サイコ』(Psycho, 1960)アルフレッド・ヒッチコック

f:id:Guru_Asa:20180119235103j:plain

9.『ママと娼婦』(La Maman et la Putain, 1973)ジャン・ユスターシュ

f:id:Guru_Asa:20180119234227j:plain

8.『13回の新月のある年に』(In einem Jahr mit 13 Monden, 1978)ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー

f:id:Guru_Asa:20180119233659j:plain

7.『世紀の光』(Syndromes and a Century, 2006)アピチャッポン・ウィーラセタクン

f:id:Guru_Asa:20180119232541j:plain

6.『カンバセーション…盗聴…』(The Conversation, 1974)フランシス・フォード・コッポラ

f:id:Guru_Asa:20180119232052j:plain

5.『トゥモロー・ワールド』(Children Of Men, 2006)アルフォンソ・キュアロン

f:id:Guru_Asa:20180122123305p:plain

4.『恐怖分子』(Terrorizers, 1986)エドワード・ヤン

f:id:Guru_Asa:20180119231521j:plain

3.『ニンゲン合格』(1999)黒沢清

f:id:Guru_Asa:20180119230746j:plain

2.『雨月物語』(1953)溝口健二

f:id:Guru_Asa:20180119225627j:plain

1.『気狂いピエロ』(Pierrot Le Fou, 1965)ジャン=リュック・ゴダール

f:id:Guru_Asa:20180119224927j:plain

 

 

 

以上です。